このページの本文へ移動
  1. ホーム
  2. ニュース
  3. AIによる重癥薬疹の早期畫像診斷-スティーブンス?ジョンソン癥候群/中毒性表皮壊死癥の新規非侵襲的畫像診斷法を開発-

AIによる重癥薬疹の早期畫像診斷-スティーブンス?ジョンソン癥候群/中毒性表皮壊死癥の新規非侵襲的畫像診斷法を開発-

2021年09月27日 月曜日 研究成果

本學大學院醫歯學総合研究科皮膚科學分野の藤本篤特任講師、阿部理一郎教授、工學部電子情報通信プログラムの村松正吾教授らの研究グループは、東北大學、大阪大學、筑波大學との共同研究で、ディープニューラルネットワーク(注1)を応用したAIによるスティーブンス?ジョンソン癥候群/中毒性表皮壊死癥の早期畫像診斷法を開発しました。本検査法によって皮膚病変部のデジタル寫真から致死率の高い重癥薬疹を早期に診斷できるようになる可能性があります。

本研究成果のポイント

  • スティーブンス?ジョンソン癥候群/中毒性表皮壊死癥は薬剤投與後に生じ、時に生命を脅かす非常に稀な薬疹で、厚生労働省の定める指定難病です。
  • この病気の初期の皮膚癥狀は、頻度の高い軽癥の薬疹(=通常薬疹)と非常によく似ています。このため、見た目から區別することは難しく、早期に診斷することが難しいとされていました。
  • 今回我々はAI技術の一つであるディープニューラルネットワークを応用することで、皮膚病変のデジタル寫真からこの病気を早期に診斷する方法を開発しました。

【用語解説】
(注1)ディープニューラルネットワーク:
ニューラルネットワークを多層に結合して學習能力を高めた機械學習の一手法。近年のAIの発展を支える技術的基盤。

研究內容の詳細

AIによる重癥薬疹の早期畫像診斷-スティーブンス?ジョンソン癥候群/中毒性表皮壊死癥の新規非侵襲的畫像診斷法を開発-(PDF:812KB)

論文情報

【掲載誌】Journal of Allergy and Clinical Immunology: In Practice
【論文タイトル】Deep neural network for early image diagnosis of Stevens–Johnson syndrome/toxic epidermal necrolysis
【著者】Atsushi Fujimoto* Yuki Iwai, Takashi Ishikawa, Satoru Shinkuma, Kosuke Shido, Kenshi Yamasaki, Yasuhiro Fujisawa, Manabu Fujimoto, Shogo Muramatsu* and Riichiro Abe*  *責任著者
【doi】10.1016/j.jaip.2021.09.014

本件に関するお問い合わせ先

広報室
E-mail pr-office@adm.niigata-u.ac.jp

他のニュースも読む

007无暇赴死免费完整版在线观看-007无暇赴死在线高清